人生まるっと幸せ
【肉なし料理&ゆるっとグルテンフリー】

野菜のごはんと日々のこと
つぶやき

謙遜しすぎる人にもやもやするわけ

このブログにご訪問いただき
ありがとうございます。

あさと申します。51歳です。

家族構成は
私と主人(ぴよちゃん)の
二人です。

毎日82歳の義母(ぴよママ)に
夕食を届けて
一緒に食べています。

このブログは主にその料理や
日々のことを綴っています。

 

【謙遜しすぎる人にもやもやするわけ】

 

私の知り合いで50代の女性で

経営者の方がいらっしゃいます。

 

若い時から

会社の経営を

されていらっしゃいます。

 

その方の住居、車、お洋服、

アクセサリーなどは

すべてがハイクオリティで

私にとっては別世界の方です。

 

でもその方はいつも

とてもとても謙遜されるのです。

 

もう謙遜しすぎるほど。

 

ものすごく謙虚な方だな

と思いつつも

その方とお話すると

なんだか

心に違和感があるのです。

 

なんでかな~?なんでかな~?

と自分でも分からないんですね。

 

私が嫉妬しているのかな?

と思ったりもしたのですが、

でも嫉妬する時は

自分でもっと明確に分かる

めらめらとした気持ちが

沸き起こります。

 

そんな感じじゃないんですよね。

 

違和感なんです。

 

 


近所に咲いている花

 

 

‥でつい先日

久しぶりにお会いして

その違和感が

分かったような気がしたんです。

 

その方は自分の事をすごいと

思っているんだなと。

 

自慢するっていうのは

自分のすごいと思っていることを

他人に誇ることですよね。

 

へりくだりすぎるのも

同じ心理なんだな

と思いました。

 

自分の事を

スゴイと思っているからこそ

へりくだりすぎる。

 

自慢と反対側に振れているだけで

その行為の出どころは

同じなのだなと。

 

謙虚な言葉と

その本当の想いが違うから

違和感があったのだと

気づきました。

 


ぴよママ(義母)宅に咲いている花

 

 

これは自分でもやりがちです。

 

謙遜しとけば角が立たないよね

と思って言葉だけでへりくだる。

 

もちろん

角は立たないのだけれど、

本当の想いは

何となく感じる違和感や

不快な気持ちとして

相手に伝わってしまうのだな

と考えさせられました。

 

どんなに

言葉や態度でつくろっても

やっぱり伝わるのは

本当の気持ち。

 

コミュニケーション力も

大切ですが、

時間がかかることもあるけれど

やはり想いが

すべてを凌駕する

というのは

ある意味

心強いことでもありますね。

 

あさ(プロフィールはコチラ)

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。